DreamTracker

ゲーム・漫画・趣味についてつらつらと書くブログ

シャドウバース新カード《ブラッディ・メアリー》の考察をしてみた

f:id:nMasao:20160914112859p:plain 前回に引き続き、今回も「ダークネス・エボルヴ」の新カードについて考察していこうと思います。

今回は、ヴァンパイアの期待のレジェンドカード《ブラッディ・メアリー》についての個人的な考えを書いていこうと思います。

《ブラッディ・メアリー》のカード詳細

f:id:nMasao:20161002202554p:plain:w350

ブラッディ・メアリー フォロワー このフォロワーが場にいる限り、自分のターン中、自分のリーダーがダメージを受けるなら、自分ではなく相手のリーダーが受ける。

ヴァンパイア特有の自身にダメージを与える効果を持つカードを、そのダメージの対象を相手のリーダーに移すことができるカードです。

効果持ちフォロワーにもかかわらず、通常のスタッツが「4/5」で進化後のスタッツが「6/7」となり、進化での除去が難しく打点が高い点も高評価ですね。さすがレジェンドです。

このカードに出して、次の自分のターンに生き残ることができれば、一気にリーサルまで持ち込めるポテンシャルがあるでしょう

相手にとってはそれが厄介なので優先的に即時除去されることが多いかもしれませんが、逆にいえば相手の除去カードまたは進化権を強制的に使わせる展開は儲け物だと考えることができます。

《ブラッディ・メアリー》と相性の良さそうなカード

f:id:nMasao:20160917182242p:plain:w350

漆黒の契約 アミュレット カウントダウン3 : ファンファーレ : 自分のリーダーに6ダメージ。自分のターン開始時、自分のリーダーを2回復して、カードを1枚引く。

やはり一番恩恵の受けるのはこのカードでしょう。相手に6点ダメージを与えて、自分は毎ターン2回復して1ドロー。「セクシーヴァンパイア」以上のフィニッシャー級カードになります。

f:id:nMasao:20160917182304p:plain:w350

ソウルディーラー フォロワー 守護 ファンファーレ : 自分のリーダーに「自分のリーダーの体力の半分(端数切り下げ)」のダメージ。

相手の体力の半分の数値ではなく、あくまで自分の体力の基準でしょうかね。成功すれば、《ブラッディ・メアリー》と自リーダーを守りつつ、相手のリーダーに多大なダメージを与えることができます。こちらもフィニッシャー級。

追記(9/27) : 《ソウルディーラー》の他にも新カード《アザゼル》の能力ダメージも適用されます。

f:id:nMasao:20160917182344p:plain:w350

鋭利な一裂き 自分のリーダーに2ダメージ。相手のリーダーか相手のフォロワー1体に3ダメージ。

相手のリーダーを対象に発動させれば5点ダメージに。相手のフォロワーに発動させても、さらに相手のリーダーにも2ダメージを与えることができます。低コストかつ超優秀なスペルと化します。

f:id:nMasao:20160917182434p:plain:w350

ブラッド・ウルフ フォロワー 疾走 ファンファーレ : 自分のリーダーに2ダメージ。

疾走の攻撃とファンファーレ効果を合わせて合計4ダメージの打点を叩き出すことができます。 もちろん進化させれば6点打点に。

また、以下のカードは《ブラッディ・メアリー》の最速召喚5ターン目の段階でその効果を発揮させることができるカードになります。

f:id:nMasao:20160917182452p:plain:w350

鮮血の花園 アミュレット カウントダウン4 : 自分のターン終了時、お互いのリーダーに1ダメージ。

《ブラッディ・メアリー》の召喚後は、その効果が「ターン終了時に相手に2ダメージを与える」に変化するのは嬉しい。

f:id:nMasao:20160917182538p:plain:w350

ヴァンパイアライカン フォロワー 進化時 : お互いのリーダーに3ダメージ。

相手のリーダーに6ダメージに変化。《ブラッディ・メアリー》の召喚の前ターンに召喚されていれば、自身の攻撃を合わせて合計9ダメージになります。

f:id:nMasao:20160917182732p:plain:w350

バーバリックデーモン フォロワー 攻撃時 : 自分のリーダーに2ダメージ。

個人的に注目しているのがこれ。今まで見向きもされなかったこのカードが再評価されることになるかも

4ターン目にこのカードを出す。次ターンに《ブラッディメアリー》召喚、《バーバリックデーモン》進化して相手リーダーに6点ダメージ…という流れは結構強いムーブ展開になるのでは?

最後に

この《ブラッディ・メアリー》は、「アグロヴァンパイア」と「コントロールヴァンパイア」のどちらのデッキに入れても問題ないと思います。

やはりヴァンパイアは、後半ターンになるにつれてドラゴンの疾走や冥府などを警戒しなければならなくなります。ゆえに、自リーダーの体力を高く維持する必要があり、後半になるほど自傷カードは手札で腐りやすいものになってしまうことが多いように思います。

この問題を解決し、さらにヴァンパイアの潜在的な打点を押し上げる《ブラッディ・メアリー》は現在のヴァンパイアデッキの救世主となるのではないでしょうか。

このカードの追加でヴァンパイア環境は以下のようになると予想します。

  1. 「アグロヴァンパイア」はさらに打点と安定性を上げる結果となり、上位環境入り。《ヴァンパイアライカン》や《ダークサモナー》の価値はさらに上がる。

  2. 現在下火となった「コントロールヴァンパイア」も復権するかも。

  3. 今後の追加カード次第では、ダメージカードで相手体力を削り切る「バーンヴァンパイア(仮)」の登場のきっかけになる可能性があるかも。

広告を非表示にする