DreamTracker

ゲーム・漫画・趣味についてつらつらと書くブログ

シャドウバース新カード《カグヤ》の考察をしてみた

f:id:nMasao:20160914112859p:plain 次回アップデートで追加される新弾パック「ダークネス・エボルヴ」の考察をしていきます。

今回はビショップの期待の新進化能力持ちフォロワーの《カグヤ》について考えていきます。

《カグヤ》のカード詳細

f:id:nMasao:20161002202705p:plain:w350

カグヤ フォロワー 進化後 ラストワード : うたかたの月1つを出す。

この《カグヤ》のラストワード能力で場に出される《うたかたの月》は以下の能力になります。

f:id:nMasao:20160927160002p:plain:w350

うたかたの月 アミュレット カウントダウン3 : 自分のターン終了時、攻撃力最大の相手フォロワー1体の攻撃力を1にする。(攻撃力最大のフォロワーが複数いるなら、ランダムで1体。)

進化に必要なEPを消費しなければ《カグヤ》の本命ともいえる《うたかたの月》が場に出せないことには注意が必要です。

進化に必要なEPを消費してしまった場合には、実質能力なしフォロワーとなってしまいますが、それでも6コストの5/6なので使えないことはなさそうです。

特にこの高いスタッツは相手の無視できない脅威となるので、進化後のラストワード能力を嫌って放置されることは考えづらいかと思います。

さらに消滅スペルをもつビショップとウィッチ以外のリーダーには容易に防ぐことができないので、多くの場合は《カグヤ》を進化させれば《うたかたの月》の発動までは約束されるでしょう。

この《カグヤ》のラストワード能力で生み出される《うたかたの月》は、自分のターン終了時に相手の場の中で一番攻撃力の高いフォロワーの攻撃力を1にする能力があります。

この能力によって、相手の場のフォロワーを無力化するだけでなく、自分のリーダーや場のフォロワーを守る意味でも大きな働きが期待できそうですね。

相手の攻撃を凌ぐことに特化したビショップらしいカードだと思います。

カウントダウン3により3ターンまで能力発動が続くことから、その間は相手が高攻撃力のフォロワーを出しづらくなるという心理的メリットも得られるのではないでしょうか。

《カグヤ》の使い道

最大3体までのフォロワーを無力化する能力は、どのビショップのデッキにも採用価値のある強力なものとなると考えています。

同時に追加される《禁じられた儀式》や《鉄槌の僧侶》で序盤を比較的容易に凌ぎ切りやすいビショップに、この《カグヤ》が追加されることによりさらに中盤以降も安定しそうです。

dreamtracker.hatenablog.com

現在の「コントロールビショップ」にとっては、《サタン》を出す10ターン目まで盤面を凌ぎ切りやすくなったという点でもビショップの大きな強化につながっていると思います。

そして新しいフィニッシャー級カードといえる《封じられし熾天使》のカードコンセプトに合致していることも嬉しいですね。

中盤以降も《教会の護り手》が腐らずに活躍させることができるようになったこともビショップの大きな収穫になるのではないでしょうか。

現状では《カグヤ》は「コントロールビショップ」と「セラフビショップ(仮)」で十分に活躍できそうです。ただ、「疾走ビショップ」においては6コスト枠は《ガルラ》や《ムーンアルミラージ》が優先かなと感じました。

最後に

今回追加される新レジェンド《封じられし熾天使》と相性が良いのが嬉しい反面、《スカルフェイン》や全体カウント促進効果を持ったカードとの両立が難しい点には少し残念だと感じました。

f:id:nMasao:20160927160037p:plain:w350

今後も《スカルフェイン》の強化につながるようなカード追加はないのでしょうか。せめてβ版《スカルフェイン》に上方修正でもしてくれても良さそうなんですがね…

既にほぼ全ての新弾パック情報が出ているわけですが、ビショップは次の環境もエルフとウィッチにはボコられる運命には変わりなさそうです。

dreamtracker.hatenablog.com

広告を非表示にする