DreamTracker

ゲーム・漫画・趣味についてつらつらと書くブログ

シャドウバース新カード《破砕の禁呪》の考察をしてみた

f:id:nMasao:20160914112859p:plain 次回アップデートで追加される新弾パック「ダークネス・エボルヴ」についての考察をしていきます。

今回取り扱うのはウィッチのスペル《破砕の禁呪》という強力消滅除去カードになります。

《破砕の禁呪》のカード詳細

f:id:nMasao:20160927184539p:plain:w350

破砕の禁呪 スペル 体力2以下の相手フォロワーをすべて消滅させる。土の秘術 : 体力2以下ではなく体力5以下を消滅させる。

《ファイヤーチェイン》と《アルケミックノア》に続く、ウィッチの新しい全体除去カードになります。

このスペル単体でも相手の体力2以下のフォロワーをすべて消滅させることができ、今後のウィッチはネクロマンサーに対して強力な耐性をもつことになりそうです。

また《破砕の禁呪》の追加によって、今まで対処しきれなかったロイヤルの《海底都市王・乙姫》に明確な返しができるようになりますね。

土の秘術の能力を加えれば、ほぼ相手の場限定の《テミスの審判》。今後のウィッチのトップ環境入りに現実感が帯びてきました。

ウィッチの今後の展開の予想

今までは見向きもされなかった「秘術ウィッチ」は当然大きく強化される結果になりそうです。

しかし「秘術ウィッチ」の強力なフィニッシャーの不在や事故率の多さなどの問題から、「秘術ウィッチ」は注目されるものの、それほど大きな猛威は振うことはないと予想します。

やはり《破砕の禁呪》の恩恵を受けるのは「スペルウィッチ(超越ウィッチ)」になるのでしょうか。

今まで《海底都市王・乙姫》などの大量展開に対して使っていた《ファイヤーチェイン》を《破砕の禁呪》に代えることで、ウィッチの全体除去をより安定させることができます。

また《ファイヤーチェイン》が外した分、《マーリン》で「スペルウィッチ」デッキの重要なキーカードである《次元の超越》を手札に加えやすくなることは大きいですね。

最後に

秘術系カードを多くデッキに採用すると手札事故が多発するので、「スペルウィッチ」のようなデッキにスパイスとしていれる程度で十分かなと個人的には思います。

この《破砕の禁呪》はとても強力な反面、コスト6と決して軽いものではないので、人によっては《ファイヤーチェイン》が使いやすいという意見もありそうですね。

ウィッチのデッキが次の環境でどう変化していくかとても楽しみです。

消滅はビショップだけの専売特許と思っていましたが…今回の《破砕の禁呪》の追加で、「消滅といえばウィッチ」といわれるようになりそう…。

dreamtracker.hatenablog.com

広告を非表示にする